宮崎県南部の滝(大淀川流域)

ホーム

五ヶ瀬上流

五ヶ瀬下流

五十鈴

耳川

尾鈴

小丸 一ツ瀬

広渡川

川内

履歴
六野不動滝 名称不明滝 清幹の滝 ままこ滝 関之尾滝 櫓の轟 ごろが轟 鮎返りの滝 皇子滝 湯屋谷の滝 長田峡の滝 万葉の滝
  1. 六野不動滝
  2. 名称不明滝
  3. 万葉の滝
  4. 鮎返りの滝
  5. 清幹の滝
  6. ままこ滝
  7. 櫓の轟
  8. 皇子滝
  9. 関之尾滝
  10. ごろが轟
  11. 湯屋谷の滝
  12. 長田峡の滝

以下の滝は大淀川水系ですが、えびの市にありますので川内川水系に掲載します
 1. 七折の滝


1.六野不動滝

地図

所在地:東諸県郡国富町六野

撮影:2000年5月

落差:10m

交通
国富町六日町から西都市に通じる県道24号(高鍋西都線)を北上し、約5qで六ツ野原台地に登る。台地に登り切ったところの交差点(案内標識あり)を左折し案内に従う。

見所
深年川の支流にかかる。二つの川が滝壺で合流するのはちょっと珍しい。
 観音堂観音像記念碑などが建立され地元の人々の信仰のシンボルになっているようだ。

2.名称不明滝

地図

所在地:東諸県郡綾町南俣

撮影:2000年

落差:20m(撮影者推測)

交通
県道26号(宮崎須木線)沿いの綾町上畑部落から約2.5q地点(照葉樹林大橋の3qほど手前)、最近改修されたコンクリ−ト製の長さ30mほどの立派な橋を目安にするとよい。橋下の谷の左岸の路らしきものを40〜50mさかのぼる。標識もないし、橋からも見えないので見つけにくい。綾南川の支流。

見所
いつもは水量が少ないが、この写真は水量が多いときのもの。

3.万葉の滝

地図

所在地:南那珂郡北郷町加江田峡谷

撮影:2007年4月

落差:20m(撮影者推定)

交通
清武町中心部より県道27号(宮崎北郷線)を南下約15km、椿山峠からの下り坂を降りきった所にある橋の手前(市町境)の曲がり角を右折、1km余りの突き当たりを左折、更に1km余り椿山キャンプ場を横目に車止めまで進む。案内板有り。そこから川沿いに下流向きに遊歩道を歩く。花切山、滝行きの登山道分岐、標識まで300m、5分、標識に従い右折、滝コース入り口標識まで700m、15分、標識に従い右の斜面の小道を上がる。そこから500m、20分で滝。この所要時間は案内板のものだが、実際にはその半分ぐらい。遊歩道、登山道は整備。

見所
加江田峡谷の花切山登山道、滝コースの途中にある滝。加江田峡谷は宮崎市という感覚だが、この滝自体は北郷町にある。
 写真では分かり難いが滝の上半分は細い溝状の斜瀑、滝の下半分は傾斜を強め、直瀑状である。下半分は緩傾斜の板状(層状)砂岩が積み重なっている。
 滝スコープで高さを測ると下半分の直瀑部が12m、上半分は分からないが全体で20m以上にはなるであろう。写真は滝壺から見上げているので、上半分は実際より小さく見える。
 滝壺に落ちた水は写真の左に向きを変え、急傾斜で落ちていく。

4.鮎返りの滝

地図

所在地:宮崎郡清武町石坂

撮影:2003年12月

落差?

交通
清武町中心部より県道340号(大戸野清武線)で約6km、県道が水無川を渡る直前の林道入り口から林道に入る。車は途中までで、後は徒歩。坂を登り降りたところで水無川を渡る。対岸の畑の左手の道を上る。案内なし。

と、苦労して来ましたが、石坂の集落から車で来れるみたいです。

見所
巨石の間を縫って落ちる滝とは名ばかりの小さな滝である。水無川にかかる。
 あゆげりのたきと発音するらしい。宮崎弁で帰るを「けぇる」というのは宮崎県人の常識です。

5.清幹の滝

地図

所在地:宮崎市田野町鰐塚山

撮影:1998年

落差:20m

交通
鰐塚山登山道7合目付近、標識あり。標識から徒歩20分坂道を降りる。別府田野川の支流。

見所
滝の規模は小さいが紅葉の頃には見栄えがする。


この滝は平成17年の台風災害により消失した。

6.ままこ滝

地図

所在地:小林市須木下田

撮影:2000年10月

落差:20m

交通:小林市より国道265号線を北上し、すきむらんどへの標識に沿って進む。すきむらんど大つり橋(有料)からよく見える。

見所
大淀川の支流、綾南川(本庄川)にかかる。綾南ダムのダム湖(小野湖)に落ちる。ダムができる前の落差は40.6mを誇っていたが、現在は上半分が見られるのみ。
 滝の周辺には加久藤カルデラ柱状節理が広範に認められる。

名前の由来
その昔、木こり夫婦の継母がなさぬ仲の子供を突き落としたその弾みでともに落ち込んでしまったという秘話から『まま子滝』の名称が付けられたという。

7.櫓の轟(やぐらのとどろ)

地図

所在地:小林市東方一区三之宮峡

撮影:1998年

落差:正面に見える滝らしきもの4〜5m

交通
小林市から国道265号を北上し、陰陽石入口(案内標識あり)から三之宮峡への標識に従って約2q(道幅が狭いので要注意)で三之宮峡入口に到着。(駐車場トイレあり)ここから遊歩道を散策。

見所
三之宮峡は宮崎県の緑地環境保全地域に指定され、奇岩、緑、紅葉、清流が四季を通じて織りなす大渓谷。約1qの遊歩道には11のトンネルがあり、沿道には『櫓の轟』をはじめ、高さ30mを越す屏風岩、ほら穴、カッパ洞など名勝が多い。
 三之宮峡一帯は加久藤溶結凝灰岩よりなり、櫓の轟は幅3〜4m深さ5〜6m長さ数十mにわたる深い峡谷をなす。

8.皇子滝

地図

所在地:西諸県郡高原町蒲牟田

撮影:2003年11月

落差:?

交通
高原町中心部より国道223号で西へ、約4km。狭野神社の交差点で右折し約1.5km。たかはる清流らんどの標識で右折しすぐの同ランドへ。堰の左側のトリムがある遊歩道を10分ほど。皇子公園からも行けるみたいだ。

見所
落差5〜10m程度の小さな直瀑。滝の大きさの割には立派な滝壷を有する。
 遊歩道の途中に懸谷型の滝らしきものが有ったが、人工のもののように見えた。

9.関之尾滝

地図

所在地:都城市関之尾町

撮影:2000年10月

落差:15m、幅22m

交通:都城市より県道31号(都城霧島公園線)で庄内へ。県道107号線で約2km。要所に標識多数。

見所
日本の滝100選の一つ。約2.2万年前に噴出した姶良カルデラ溶結凝灰岩を浸食してできた滝。浸食が進んでいるが、滝面には柱状節理が見られる。滝の上流部には600mに渡って、世界有数の甌穴群が見られることで有名。
 周囲は公園化されており、この写真は滝のすぐ下流に架かる観光用つり橋から撮影した。

10.ごろが轟

地図

所在地:都城市高野町

撮影:2003年8月

落差:?

交通
都城市より県道31号(都城霧島公園線)で約15km、高野(西岳)の集落を過ぎて川沿いに出たところの県道沿いにある。

見所
庄内川の上流千足川にかかる。傾斜の緩い岩盤に幾筋かの溝状に連なった甌穴に沿って水が流れている。この構造は関之尾滝の上流部にも通じる姿で、同様に溶結凝灰岩が浸食されたものであろう。
 滝の上流部(写真右手)には堰が設けられ、取水されている。
11.湯屋谷の滝
所在地:都城市安久町

撮影:2007年2月

落差:14m(滝スコープで測定)

交通
都城市より国道222号で東へ6km余りの所に湯屋谷の滝の大きな看板がある。標識に沿って細い道を約2.7km。最後の未舗装上り坂は乗用車ではきついだろう。

見所
砂岩の斜面を水が線状に落ちる斜瀑である。水量も少なく滝壺もしょぼい。
 しかし、滝の下流側は平坦で広い。
12.長田峡の滝
所在地:北諸県郡三股町長田

撮影:2007年2月

落差:?

交通
都城市より県道33号(都城北郷線)を東へ、県道沿いに長田峡の駐車場がある。

見所
沖水川はこの辺りは溶結凝灰岩の崖に挟まれて流れている。その右岸に懸谷型に落ちる滝である。問題はこの滝が自然のものかである。というのはこの辺り利水が進んで用水路があちこちしているからである。
 右奥の落水は本流にかかる堰からの落水。

 

ホーム

五ヶ瀬上流

五ヶ瀬下流

五十鈴

耳川

尾鈴

小丸 一ツ瀬

広渡川

川内

履歴